音決めはカスタマイズの『プリアンプ』がつかさどる


デジタルソース、アナログソースに関わらず当工房のカスタムメイドプリアンプは色付けを 廃して豊かな情報量、高解像度、深い彩度と深度の音楽を奏でます。 STUDIO MASTERの再生にも実力を発揮しております。


ミューズの神を奏でるパワーアンプ GoldMund


当工房のパワーアンプはアナログ・デジ ルの音源をTANNOY AUTOGRAPHでの再生において、以下の 懸案事項 を考慮した結果GoldMund Teros 200Aを採用しました。

1:TANNOY AUTOGRAPHの箱鳴りによる付帯音を排除する
2:濁りが無い清浄な音を再生する
3:電源ONから音だしまでの時間が短い事(10分前後を目標)
4:情報量が多くかつ帯域が広い音
5:スピーカーの存在を感じさせない。


Wonderfull World

Flora & Fauna: Oceans of Love
Load testing an MA5000VZ
Attic Room In School Road
Afropixel #6 Workshop
Neat & Tangled August Release Week
Afropixel #6 Workshop
Afropixel #6 Workshop
Afropixel #6 Workshop
Afropixel #6 Workshop
Afropixel #6 Workshop
Neat & Tangled July Release Week Day 4
Neat & Tangled You Are My Greatest Treasure